R-Login利用規約

R−Login利用規約

第1条(総則)

  1. 本規約は、末尾記載の楽天グループ(以下総称して「甲」という)と各社取引先(第2条第1号にて定義されるものとし、以下本規約に基づく契約の当事者となる取引先を「乙」という)との間における、R−Login(第2条第2号にて定義されるものとする)の利用に係る契約関係を定めるものである。
  2. 本規約に定めのない事項については、別途甲乙間で成立した対象サービス(第2条第3号にて定義されるものとする)に関する取引契約(対象サービスに関する規約、マニュアル、ルール、ガイドライン等によりその内容および条件が定められるものとし、以下「原契約」という)の定めに従うものとする。
  3. 乙は、本規約のほか、本規約の下位規約、マニュアル、ルール、ガイドライン等(以下本規約を含めて「本規約等」と総称する)を承認し、これを遵守するものとする。

第2条(定義)

本規約において、以下の用語は以下の意味を有するものとする。

  1. 「取引先」とは、原契約に基づき、甲が管理するサーバにアクセスし、当該サーバ上のシステムを利用する権限が認められた事業者をいう。
  2. 「R−Login」とは、対象サービスのために甲から乙に対して非独占的に貸与される事業者向け認証システムをいい、甲が管理するサーバへのアクセス認証並びに取引先によるアカウント管理、権限管理および利用ログ管理等の機能を有する。
  3. 「対象サービス」とは、甲が乙に対して提供する事業者向けのサービスの内、甲がR−Loginの対象となるサービスとして指定したものをいう。
  4. 「責任者」とは、乙の代表者または乙の代表者から対象サービスに係る甲との取引遂行に関し代理権を付与された者をいう。
  5. 「管理者」とは、乙によるR−Loginの利用につき管理責任を有する者として、乙から指名され、甲所定の方法により登録された者をいう。尚、責任者は、管理者を兼務することができるものとする。
  6. 「スタッフ」とは、乙の役職員その他乙の管理下の者のうち、乙からR−Loginの使用を認められ、甲所定の方法により登録された者をいう。尚、責任者および管理者は、スタッフを兼務することができるものとする。

第3条(利用申込)

  1. 乙は、本規約等を承諾のうえ、甲所定の方法に従いR−Loginの利用申込を行うものとする。また、乙が申し込みの際に提出または登録した情報を変更する場合についても、甲所定の方法に従い変更登録をおこなうこととする。
  2. 乙、責任者、管理者およびスタッフは、甲が対象サービスまたはR−Loginの管理のために必要と判断した場合、乙がR−Loginを用いて利用・閲覧可能な情報(管理者およびスタッフによる甲の管理するサーバへのアクセスログを含むが、これに限られない。)を、甲が調査・確認できることを了承するものとする。

第4条(使用許諾等)

  1. 甲は、乙に対して、対象サービスの提供を受けるに必要な範囲で、管理者およびスタッフが、R−Loginを非独占的に利用することを許諾する。
  2. R−Loginに関する特許権、商標権、著作権その他の権利は全て甲に帰属する。但し、甲はR−Loginまたはその利用が第三者の権利を侵害しないことを保証するものではない。
  3. 甲は、R−Loginについて、甲の裁量により自由にその仕様を追加・変更し、バージョンアップすることができる。
  4. 乙は、R−Loginを利用するために必要なハードウェア、ソフトウェアおよびネットワーク等の設備を、自己の責任と負担により調達するものとする。

第5条(利用者の登録)

  1. 管理者およびスタッフは、R−Loginの利用を開始する前に、本規約および別途定める「楽天会員規約」を承諾し、甲所定の方法により楽天会員登録を行わなければならない。
  2. 責任者は、R−Loginの利用を開始する前に、甲が発行・通知するログイン用URL、取引先用IDその他必要な情報を用いてR−Loginにアクセスし、乙に関する甲所定の初期登録を行うものとする。尚、責任者は、管理者に対して、当該初期登録完了のために必要な手続きを行わせることができるものとする。
  3. 管理者は、前項の責任者による登録完了後、取引先用ID、自己の楽天会員IDその他必要な情報を用いてR−Loginにアクセスし、管理者およびスタッフがR−Loginを利用するために必要となる甲所定の初期登録を行うものとする。尚、管理者は、スタッフに対して、当該初期登録完了のために必要な手続きを行わせることができるものとする。
  4. 乙に関する登録事項(責任者、管理者およびスタッフに関する変更を含む)に変更があった場合には、管理者は、ただちに甲所定の変更登録を行うものとする。

第6条(乙、管理者およびスタッフの責任)

  1. 乙は、本規約等を責任者、管理者およびスタッフに周知徹底させる義務を負うものとし、R−Login利用に関する責任者、管理者およびスタッフの一切の行為(損害賠償責任を含む)について、連帯して責任を負うものとする。
  2. 管理者およびスタッフは、本規約等の内容を理解して、本規約等に従ってR−Loginを利用することについて承諾をする。なお、乙は、管理者およびスタッフに本規約の内容を周知させ、前段の承諾を得るようにしなければならない。
  3. 管理者およびスタッフは、自らのR−login利用のための楽天会員ID、その登録情報およびR−Loginの利用履歴その他R−Loginの利用に関する情報が、対象サービスの利用者・利用日時・利用状況の特定、対象サービスに関する情報セキュリティの確保、その他対象サービスの提供およびR−Login利用のために必要と判断される一切の目的のために、甲または乙に使用されることにつき承諾する。
  4. 管理者は、取引先用IDおよびそのパスワードの管理、R−Loginへのスタッフ登録、R−Login利用に関するスタッフの権限管理、利用ログ管理その他乙によるR−Loginの利用について責任を負うものとする。
  5. 管理者は、個々のスタッフ毎にスタッフ登録を行うものとし、管理者およびスタッフは、自己の楽天会員IDを他のスタッフその他の第三者と共有して使用してはならない。
  6. 管理者およびスタッフは、R−Loginに登録した楽天会員IDについて、事前の乙の承諾なしに、削除その他の方法により利用停止させてはならない。
  7. 管理者およびスタッフは、設定された権限の範囲内で、甲が承認した正当な操作方法に従い、R−Loginを利用するものとする。
  8. 管理者およびスタッフは、管理者およびスタッフの地位を離れたときは、ただちにR−Loginの利用を停止しなければならない。

第7条(ID、パスワード)

  1. 責任者、管理者およびスタッフは、甲が発行・通知した各種IDおよび各自の登録した楽天会員ID並びにそれらのパスワード(各種認証コードを含む)について、第三者に知られないよう管理し、定期的にパスワードを変更するなど、これらIDおよびパスワードの盗用を防止する措置をその責任において行うものとする。
  2. 甲は、認証時に使用されたIDおよびパスワードが、真正なアクセス権限を持つものとして登録されたIDおよびパスワードと一致することを所定の方法により確認した場合、当該アクセス者を真正なアクセス権限を有する者とみなし、それが盗用、不正使用その他の事情により、真正なアクセス権限を有しない者が利用している場合であっても、またそれにより乙が損害または不利益を被ったとしても、一切責任を負わないものとする。

第8条(機密保持)

  1. 甲および乙は、本規約等の履行に伴い知り得た相手方の機密情報を第三者に開示、漏洩してはならず、本規約等の目的とは異なる目的のために利用してはならない。但し、司法機関、行政機関またはそれらに準ずる機関により、法令に基づき開示を要求された場合はこの限りではない。
  2. 乙、管理者およびスタッフは、R−Loginの仕組み、管理者およびスタッフによるR−Loginの利用履歴ならびにこれに付随する情報その他R−Loginに関する情報が、甲による個人情報管理および情報セキュリティ維持の観点から高度の守秘性があることを理解し、機密保持情報として慎重に扱う。
  3. 前2項の規定は、本契約終了後も3年間有効とする。

第9条(責任)

乙、責任者、管理者またはスタッフによるR−loginの利用に関連して甲に損害(弁護士費用およびユーザに対して甲がお詫びとして提供した金銭またはポイント等の負担を含む)が生じたときは、乙がその一切を賠償する責任を負うものとする。

第10条(R−Loginの利用中断)

  1. 甲は、R−Loginの保守、障害対応、天災等の不可抗力、その他技術上、運用上の理由により、乙によるR−Loginの利用を中断する必要があると判断した場合、事前に乙へ通知することなく、R−Loginの利用を一時的に中断することができるものとする。
  2. 甲は、前項のR−Loginの利用中断により、乙に損害または不利益が生じたとしても一切責任を負わないものとする。

第11条(免責)

  1. 甲は、R−Loginの障害、不具合、誤動作等により、乙に損害または不利益が生じたとしても一切責任を負わないものとする。
  2. 甲は、R−Loginに障害が発生した等の理由により、対象サービスの提供に支障が生じると判断した場合、混乱防止のために必要となる措置を取ることができるものとする。

第12条(有効期間)

本契約等は、原契約が終了するときまで有効とする。

第13条(本規約等の変更)

甲は、事前に乙に通知することなしに、本規約等を改定できるものとし、本規約等の改定後は、改定後の本規約等を適用するものとする。尚、乙が本規約等の改定後にR−Loginを利用した場合、改定後の本規約等に同意したものとみなす。

第14条(準拠法、裁判管轄)

本規約等は、日本法に基づき解釈されるものとし、本規約等に関連して訴訟の必要が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とするものとする。

以上
2006年1月11日制定

楽天グループ
1.楽天株式会社

2006年1月11日現在